top
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月28日
背景布、前から興味あったという方や、関心持ってくださった方もいるようで!上手く使えれば、中華、ロココ、和風、砂漠、海外名所etc
自分では再現しにくいシチュエーションの画像が撮れそうな、おもしろドールグッズな気がします(まだ使ってみたばっかり)
40cmドール用にスケールの合う画像を選ぶにはどうしたら?という方がいらしたので、私が思う適当見極め方を・・続きに。
    絵心あふれるとても残念な図と、大得意のいい加減解説でおおくりますが、お許しください。

画像はほぼ縦1.5M×横1Mに印刷されるので、これから主要な物の大きさを割り出して見ます。

スケールはたとえばドアに手をかけたいと思ったら、TFなどの40cm代ドールだったら50cmぐらいまでのドアがいいと思うのです。
その場合、縦全体の長さの1/3ぐらいのドアの大きさの画像があればドアとTFのスケールが布にもたれた状態で合うかも、という感じです。
nuno1.gif

画面の縦半分以上がドアになるような画像だと、80cmのドアになってしまって、SDにちょっと大きいぐらいの
ドアになるかも、と予測。40cmドールが子供にみえてしまう背景かもしれません。
nuno2.gif
スケールが小さいものは背景とドールの距離を離す(前のほうに置く)配置にすると遠近法っぽくなると思います。
柱にもたれる、やドアに手をかけるなどの画像はむずかしいかもですが、後ろの方にドアがあるという表現なら、小さ目でも
逆に大き過ぎるスケールの画像はドールがべったり背景布にはりついても、まだ大きいということになると思います。
足を写さないのを前提に布の高さを調節することはできるかもです。

床になる部分が少ない画像はあまり前に立たせたら足までを写すことができないかもしれません。

自然物などスケールのあまりないもの、遠目にみえるもの、斜めになって、床位置を適当に調整できるものなのは、
どのサイズでも使いやすい、と、思います。床が1/3(50cm)立てる部分1mぐらいの画像が割と多いので、
上1mの半分以下に40cmドールが、SDなら半分より大きめにドールが背景に寄りかかったり、すぐ前に立ったときに写る感じをイメージして。

あと、消失点(背景の消える先)が、どこかもちょっと気にして選ぶのも大事かもです。
下から見上げたような画像はドールを立たせたあとも、下から撮影しないと不自然な背景なってしまうかも?(憶測)
nuno3.gif
40cmドールを立たせるなら床になる線から40cm前後に座らせるつもりの背景なら30cm前後の高さに消失点のある画像が
正面からドールが取りやすい背景な気がします。
消失点が横にあるものなどは斜めから撮っても面白かったです(回廊)。
(斜め撮りは布のひずみがよく写る気がしますが)


・・・・・自分でも何を書いているか(何を描きたかったのか)よくわかりません・・・が、なんとなくそのあたりを
考慮して私は絵柄えらびました。また私が買ったものも撮影して徐々にUPできればと・・・。
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。